日本国内でのレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。
レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 



- 注目サイト -

メール便はここへ
URL:http://postmail.co.jp/
メール便クリック


日本国内でのレーシック実績ブログ:18-11-05

我が家は、旦那、妻であるミー、
大学生と高校生の息子2人の4人家族です。

結婚して22年、
旦那と出会ったのが大学生の頃ですから、
もう相当長い付き合いになります。

思うのですが、家の中で父は、
家族のために一生懸命働いているのに、
お母さんと息子とのがっちりしたつながりに比べて、
うっかりすると仲間はずれ的な、
蚊帳(かや)の外的な存在になりがちだと思いませんか?

どんな夫婦も、いま別れずに一緒にいるということは、
心の奥底で、お互いをかけがえのない存在として
愛おしく思っているからだと思います。

ミーから旦那へのふつふつとした愛情に気付いていくと、
家族のためにあめの日も風の日も真面目に働いてくれた旦那に
感謝の気持ちが湧いてくると同時に、
ミーから旦那にこれから出来ることは何かな…
と改めて考え始めました。

その時に思いついたことが、
家の中をすごくあったかくしよう!
みんなが父のこと大好きな雰囲気を作っていこう!
ということです。

家族に絶対的な影響力のあるお母さんが、
「旦那のことを大好き」だったら、
息子たちも父のことが大好きになるはず…

そういう家庭は
旦那にとっても居心地が良いのではないかと思ったのです。

その想いが功を奏して、
気がつくと息子とミーとの間で
「旦那の話題」がものすごく多くなっていきました。

といっても、ほめてほめて褒めまくっているわけではありません。
大体生意気ざかりの息子たちに、それを求めるのは酷というものです。

ミーは、家族の中で言われる他愛のない悪口ほど
「犬も食わない」ものはないと思うのですが…
まさに好意の裏返し、親密感の表れ、そう思いませんか?


ホーム サイトマップ