日本国内でのレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。
レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 



- 注目サイト -

メール便はここへ
URL:http://postmail.co.jp/
メール便クリック


日本国内でのレーシック実績ブログ:18-07-13

「板チョコ減量」って
読者様聞いたことがありますか?

通常の減量と言えば、
「おかしをやめる」とか
「甘いものを控える」などのイメージですが…
この法は三食きちんと食べた上で、
板チョコも食べるという
女性にとっては魅力的な減量法なんです!

板チョコそのものは高カロリーなのですが、
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、
結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、板チョコに含まれる
カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、
同じカロリーのものなら、板チョコを食べた方が
肥満につながりにくいと言われています。

食前に板チョコを食べると、
血糖値がすばやく上昇するので、
食欲が抑えられるのも、肥満の予防につながります。

他にも、板チョコには
集中力や記憶力を高める作用や、
疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、
栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

板チョコと言えば、
「甘い」とか「おかし」とか、
ジャンクフードのようなイメージがありましたが、
実は全然違って、たくさんの効果がある食品なんですね。

ただし、減量効果を期待する場合は
カカオ含有量が70%以上の板チョコを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されていると甘みが少ないので、
普通の板チョコとは、ちょっと違うように感じるかも知れません。

減量効果がある板チョコ、
決して低カロリーな食品ではないので、
食べすぎには注意してくださいね。


ホーム サイトマップ